「皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会」の決勝が開催されます!

12月29日(日)にNACK5スタジアム大宮にて、
女子サッカーの日本一を決定する「皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会」の決勝が開催されます!

12月22日(日)の準決勝を勝ち進んだ日テレ・ベレーザと浦和レッズレディースでの熱い闘いが繰り広げられます!
入場料は無料となっておりますので、皆さんぜひスタジアムで日本一決定の瞬間を目撃しましょう!

■日程 2019年12月29日(日)14:00キックオフ

■会場 NACK5スタジアム大宮

*当日は、キックオフ前にイベントも開催されますので、この機会にぜひご来場ください!

詳細はこちら

大会チラシ

「第64回全日本大学サッカー選手権大会」準決勝、決勝が開催されました!

「アパマンショップ Presents 平成27年度 第64回全日本大学サッカー選手権大会」の準決勝および決勝が、12月16日(水)、19日(土)に、NACK5スタジアム大宮、浦和駒場スタジアムにおいて開催されました。本大会は、全国各地域の大学サッカーリーグの上位24チームが競う大会で、Jリーグ内定者も数多く出場するハイレベルな大会です。学生生活最後のサッカーでもあり、熱い戦いが繰り広げられました。

インカレ1
初優勝で歓喜に沸く関西学院大学の選手たち

準決勝(NACK5スタジアム大宮)では、夏の全国大会である総理大臣杯の決勝と同カードとなる、関西学院大学(関西1位) 対 明治大学(関東2位)が行われ、4-2と関西学院大学が夏に続き、勝利しました。

決勝(浦和駒場スタジアム)は、関西学院大学(関西1位) 対 阪南大学(関西2位)という、30年ぶりとなる関西勢同士の対決。
結果は圧倒的な攻撃力を誇る関西学院大学が4-0とし、初優勝を飾りました。関西学院大学は総理大臣杯、関西リーグ、関西選手権に続き、今季の全タイトルを獲得し、4冠を達成しました。

詳しくは大会公式サイト

インカレ2
プロ顔負けの迫力ある競り合い
インカレ3
決勝で3得点を挙げた関西学院大学・出岡選手
インカレ4
ハーフタイムショーでは、アクロバティックな演技で会場を盛り上げました

インカレトーナメント表(全日程終了)

トーナメント表(最終結果)

「第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」が開催されました!

「第35回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」の準決勝2試合と決勝戦がともにNACK5スタジアム大宮において開催されました!

◎本大会は、平成25年11月23日(土・祝)に開幕し、昨年から優勝チームに授与されることとなった”皇后杯” 女王の座を目指し、なでしこリーグ所属チームや各地区予選を勝ち抜いたクラブチーム学生チームなど、全国を代表する36チームが熱戦を繰り広げました。
2J5A20202J5A3543

 

 

 

 

 

★決勝は、「INAC神戸レオネッサ」と「アルビレックス新潟レディース」が対戦し、90分を戦うも1—1で延長戦へ突入、両チーム共に1点を追加し2—2の同点のまま決着がつかず、PK戦となり「INAC神戸レオネッサ」が4—3で「アルビレックス新潟レディース」を破り、4大会連続4度目の優勝を果たすとともに、リーグ杯、リーグ戦、「mobcast cup 国際女子クラブ選手権」と合わせ、史上初の4冠を達成しました。
2J5A36362J5A3660

2J5A3782
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<23日/決勝/NACK5スタジアム大宮
【決  勝】INAC神戸レオネッサ (PK4)2—2(PK3) アルビレックス新潟レディース
2J5A19692J5A24482J5A23202J5A23702J5A23732J5A23822J5A26912J5A26932J5A27082J5A29752J5A29782J5A29832J5A31902J5A31942J5A3354

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<21日/準決勝2試合/NACK5スタジアム大宮
【第1試合】岡山湯郷Bell       0—1 アルビレックス新潟レディース
【第2試合】INAC神戸レオネッサ 3—2 伊賀FCくノ一

★詳しくは、こちら ((公財)日本サッカー協会ウェブサイト)

「第34回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」が開催されました!

「第34回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」の準決勝2試合と決勝戦がともにNACK5スタジアム大宮において開催されました!

◎本大会は、平成24年11月23日(金・祝)に開幕し、今回から優勝チームに授与されることとなった”皇后杯” 初代女王の座を目指し、なでしこリーグ所属チームや各地区予選を勝ち抜いたクラブチーム学生チームなど、全国を代表する32チームが熱戦を繰り広げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

★決勝は、「INAC神戸レオネッサ」と「ジェフユナイテッド千葉レディース」が対戦し、後半ロスタイムに得点をあげた「INAC神戸レオネッサ」が1ー0で勝利し、3大会連続3度目の優勝を果たすとともに”皇后杯”初代女王の座に就きました。


 

 

 

 
<24日/決勝/NACK5スタジアム大宮>
【決  勝】INAC神戸レオネッサ 1—0 ジェフユナイテッド千葉レディース

 

 

 

 

<22日/準決勝2試合/NACK5スタジアム大宮>
【第1試合】ジェフユナイテッド千葉レディース(PK4)1—1(PK3)伊賀FCくノ一
【第2試合】INAC神戸レオネッサ 1—0 浦和レッズレディース

★詳しくは、こちら ((公財)日本サッカー協会ウェブサイト)

「mobcast cup 国際女子サッカークラブ選手権2012」が開催されました!

平成24年11月22日(木)浦和駒場スタジアム、11月25日(日)NACK5スタジアム大宮において、「mobcast cup 国際女子サッカークラブ選手権2012」が開催されました!

 

 

 

 

 

◎本大会は、将来的に「男子のクラブワールドカップ」のように、女子のクラブ世界一を競う大会に発展する可能性を秘めた記念すべき初開催の大会で、日本からは“プレナスなでしこリーグ2012”で優勝した「INAC神戸レオネッサ」、 “プレナスなでしこリーグカップ2012 powered by クリクラ”を制した「日テレ・ベレーザ」が出場し、海外の強豪クラブチーム“UEFAチャンピオンズリーグ”で2連覇を果たし、さらにフランス国内リーグでは6連覇中の「オリンピック・リヨン」、オーストラリア“Wリーグ”覇者の「キャンベラ・ユナイテッドFC」と対戦し、熱い戦いを繰り広げました。

また、「さいたまスポーツコミッション」の会長である清水勇人さいたま市長も決勝のセレモニーにかけつけ、選手を激励しました。

★決勝は、「INAC神戸レオネッサ」と「オリンピック・リヨン」が対戦し、延長まで縺れる好ゲームとなり、延長後半「オリンピック・リヨン」がPKのチャンスを確実に決め、2ー1で勝利し、初代世界女王の座に就きました。


 

 

 

 

 

 

 
 

★3位決定戦は、「日テレ・ベレーザ」と「キャンベラ・ユナイテッドFC(オーストラリア)」が対戦し、4−3で「日テレ・ベレーザ」が競り勝ちました

 

 

 

 

<25日/NACK5スタジアム大宮>
【 決  勝 】INAC神戸レオネッサ 1—2 オリンピック・リヨン
【3位決定戦】日テレ・ベレーザ 4—3 キャンベラ・ユナイテッドFC

<22日/浦和駒場スタジアム>
【第1試合】日テレ・ベレーザ  2—5 オリンピック・リヨン
【第2試合】INAC神戸レオネッサ 4—0 キャンベラ・ユナイテッドFC

★詳しくは、こちら(大会公式ウェブサイト)

日本サッカー協会 女子大会部会関係者が表敬に訪れました!

11月7日(水)、「mobcast cup 国際女子サッカークラブ選手権2012(IWCC)」及び「第34回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」の開催に先立ち、公益財団法人日本サッカー協会女子大会部会長で、国際女子サッカークラブ選手権2012組織委員会の実行委員長も務める田口禎則氏が、今回から優勝チームに授与されることになった「皇后杯」を持って「さいたまスポーツコミッション」会長である清水勇人さいたま市長を表敬に訪れました。

 

 

 

 

 

 

◆「mobcast cup 国際女子サッカークラブ選手権2012」は、今回が初めての開催で、平成24年11月22日(木)浦和駒場スタジアム、11月25日(日)NACK5スタジアム大宮において、日本から2チーム、海外から2チームのトップクラブチームが参加し熱戦を繰り広げます。また、将来的に「男子のクラブワールドカップ(W杯)」のように、クラブ世界一を競う大会に発展する可能性を秘めた記念すべき大会です。

※詳しくは、こちら(もぎたてさいたま情報)

◆「第34回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」は、平成24年11月23日(金・祝)に開幕し、なでしこリーグ所属チームや各地区予選を勝ち抜いたクラブチーム学生チームなど、全国を代表する32チームが集結し熱戦を繰り広げます。また、今回から優勝チームには ”皇后杯” が授与されることとなり、女子大会として決勝戦単独開催となります。
なお、さいたま市内では 12月22日(土)準決勝2試合、12月24日(月・祝)決勝戦がともに、NACK5スタジアム大宮で開催されます。

※詳しくは、こちら(公益財団法人日本サッカー協会公式ウェブサイト)