TOPICSトピックス

【参加者募集】6/30まで!「スマイルプロジェクト2020」

2020.03.19

中学生年代の女子サッカーを応援するため、2019年度に引き続き合同練習会「スマイルプロジェクト」を2020年度も開催いたします。
浦和レッズや大宮アルディージャのコーチから直接指導を受けることができる貴重な機会です。
初心者でも楽しくサッカーができるプログラムで、お友だち同士でも、おひとりでもご参加いただけます。ぜひお気軽にお申込みください!

 

「スマイルプロジェクト」とは

競技人口が低迷する中学生年代の女子サッカーの支援として、すべての女子中学生が気軽にサッカーを楽しむことができる場を増やしていくことを目的とした、さいたま市の女子サッカー活性化プロジェクトです。
「スマイルプロジェクト2020」からは、通年(全10回分)で参加いただける方を対象とした内容になります。各回ごとに参加をご希望の場合は申込方法が異なります。(後日当ホームページなどでお知らせします。各回参加の場合は、1回につき参加料900円となります。

 

こんな人にオススメ!

★サッカーをやったことがないけれどチャレンジしてみたい!
★みんなで楽しくサッカーしたい!
★一緒に運動して仲間をつくりたい!
★中学にサッカー部がなくてやめてしまったけれど、また楽しく練習したい!

 

開催概要

参加対象:サッカーを楽しみたい女子中学生 ※サッカー以外の部活動やクラブチームに所属している方も大歓迎!
募集人数:定員50名 ※定員を超える場合は抽選となります。(先着順ではありません)
申込期間:2020年3月2日(月)~2020年4月30日(木)2020年6月30日(火)
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、第1回を再延期とし、申込期間も再度延長いたします。
活動内容:浦和レッドダイヤモンズハートフルクラブコーチ・大宮アルディージャ地域プロデュース部のコーチによる講習会形式の合同練習会
年 会 費:900円(全10回分/保険料含む)※初回練習会場にて集金します。

開催スケジュール(予定)

 申込方法

①インターネット
こちらの専用フォームからお申し込みください。

②メール
必要事項を記載してスマイルプロジェクト事務局までお送りください。※4月1日時点の状況を記載してください。

■必要事項:氏名、フリガナ、郵便番号、住所、電話番号(緊急連絡先)、メールアドレス、保護者氏名、学校名、学年、所属部活動・所属クラブチーム
※保護者同意の上、お申し込みください。
※メールの題名に「スマイルプロジェクト申込」である旨を記載ください。

■メールアドレス
スマイルプロジェクト事務局(一般社団法人さいたまスポーツコミッション内)
smileproject@saitamasc.jp

③FAX
こちらの募集チラシ兼申込用紙に必要事項を記載してスマイルプロジェクト事務局までお送りください。

■FAX番号
スマイルプロジェクト事務局(一般社団法人さいたまスポーツコミッション内)
048-762-8474

④窓口
こちらの募集チラシ兼申込用紙に必要事項をご記入の上、ご提出ください。(申込用紙は窓口でもお渡しできます)

■提出先
スマイルプロジェクト事務局(一般社団法人さいたまスポーツコミッション内)
〒330-0062 さいたま市浦和区仲町4-2-20 エコ計画浦和ビル2階

 

注意事項

A.交通手段について
保護者の責任のもと、車での送迎は可と致しますが、自動車での事故等については、一切責任を負いません。
なお、交通費は自己負担となります。

B.保険について
合同練習会の活動中の事故・ケガ等については、「全国市長会損害保険」及び公益財団法人スポーツ安全協会の「スポーツ安全保険」の範囲内での補償となります。万が一、補償外の理由でケガ等を負ってしまった場合には責任を負いません。

C.ウェアラブルデバイスの活用について(さいたまスポーツシューレ事業)
今回の合同練習会において、中学生年代の女子生徒における競技力向上及び健康維持を目的として、ICTを活用した取組みを実施致します。その際に、心拍数や位置情報等の運動データを取得するウェアラブルデバイスを着用して頂く場合がございます。なお、ウェアラブルデバイスが身体に影響を与えることはなく、普段通りにサッカーに取組んで頂くことができますので、ご安心ください。

 

お問合せ

スマイルプロジェクト事務局(一般社団法人さいたまスポーツコミッション内)
電 話:048-762-8334
FAX:048-762-8474
メール:smileproject@saitamasc.jp

 

【主催】 さいたま市 【主管】 さいたま市サッカー協会、さいたまスポーツコミッション
【協力】 浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、NTTデータ経営研究所、NTTコムウェア