【開催レポート】スマイルプロジェクト2021「第5回練習会」

2021.11.02
第5回開催レポート
「スマイルプロジェクト2021」第5回練習会
日 時:2021年9月11日(土)14:00 ~ 16:00
会 場:堀崎公園(さいたま市見沼区堀崎町12-1)
コーチ:大宮アルディージャ普及部コーチ

 

9月11日(土)に開催した「スマイルプロジェクト2021」第5回練習会のご報告です!

まん延防止等重点措置のため、第3回の練習会が2022年1月8日(土)に延期となりましたので、今回が大宮アルディージャさんに担当していただく初めての練習会となりました。

今年度初ということで、気合を入れていただいたのか、それとも普段からこうなのか、大石コーチ、遠藤コーチ、吉田コーチのお三方にとても熱い指導をしていただきました。




提出いただいた報告書には「コーチ3名」となっていましたが、実は、しらこコーチにもご指導いただいたんですよね。

「オレは今日は違うんだ(担当じゃない)」とおっしゃっていましたが、そこはやはり、コーチ魂なんでしょうか。

ほかのコーチに負けないくらい熱血な指導をしていただきました。

「今日は違う」からなんでしょうが、前に出て来てくれなかった、しらこコーチ。【写真右奥】

さあ、挨拶が終わったら練習開始です。
ランニングとストレッチでウォーミングアップをしたあと、手を使ったパスのゲームを行いました。


6人ずつ2チームに分かれて味方にパスを出し、4回パスがつながったら1点です。
(5点先取したチームの勝ち)

ただし、パスしたボールを取られたり、ボールを持った人が相手からタッチされると相手ボールになってしまいます。

素早くパスを出さないと、タッチされてしまうので、味方がどこにいるか、常に把握しておくことが大切です。

パスをされた人に素早く近づくため、ボール持っていないほうのチームは、相手がどこにいるのか、こちらも常に把握しておくことが大切です。

その次は6人対6人で試合を行いました。

普通は逆なんじゃね!?(本来であれば、パスの練習を行なってから、試合を行うという順番なのではないでしょうか?)と思いましたが、この試合のあと、パスの練習を行いました。

最初はしっかりトラップしてから

パスを出す

という、とてもシンプルな練習だったのですが、ターンをしてからパスを出すようになり、そうこうするうちドリブルもするようになって・・・

最後は選手があっちこっちに分かれてパスを出すようになっていました。

どんなルールでパスを出すのか、私には複雑すぎて分からなかったのですが、スマイルの子たちはちゃんと理解して練習に取り組んでいましたね。

そして、このパス練習のあと、再び6対6の試合を行いました。

試合を行ってから、練習をして、また試合を行う。

あとでコーチの方々から教えてもらったのですが、このような練習方法をMTM(Match Training Match)方式というのだそうです。

まず試合を行い、その試合のなかで課題や問題点を見つけ出し、次に行う練習で見つかった課題・問題点を解決したうえで、また試合を行う。

順番が「逆なんじゃね!?」と思ってしまい、大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m

そして、スマイルの子たちのために、練習メニューを考えていただきまして、ありがとうございました。

奥が深いなぁ、スポーツは。

ちなみに今回の課題は、味方と距離を取ることやパスの質だったり、ファーストタッチの質だったようです。

最後に、恒例の集合写真を撮って終了しましたが、

やっぱり、しらこコーチは入ってくれませんでした。

なので、いい笑顔を撮っておきましたよ。

4人のコーチの皆さま、どうもありがとうございました!

皆さん、今回もサッカーは楽しかったですか?
スマイルプロジェクトは、競技人口が減少してしまう中学生年代の女子サッカーを盛り上げるために、すべての女子中学生が気軽にサッカーを楽しむことのできるきっかけ作りを行っていくプロジェクトです。
今年度は月に1回程度、練習会などを開催していきますので、ご都合の合うときにぜひご参加(お申込み)ください。

 

スマイルプロジェクトの詳細はこちら

お問合せ

スマイルプロジェクト事務局(一般社団法人さいたまスポーツコミッション内)
電 話:048-762-8334
FAX:048-762-8474
メール:smileproject@saitamasc.jp

【主催】 さいたま市 【主管】 さいたま市サッカー協会、さいたまスポーツコミッション
【協力】 浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ