【スポーツ庁・スポーツによるグローバルコンテンツ創出事業】「サッカーライセンス研修ツーリズム」参加モニター募集!

スポーツ庁令和 3 年度「サッカーライセンス研修ツーリズム」について_News Release

 

スポーツ庁「令和3年度スポーツによるグローバルコンテンツ創出事業」の一環として、サッカーライセンス研修ツーリズムの実証モニターを募集します。

今回のプログラムでは、JFA公認サッカー指導者ライセンス(D級ライセンス)を、ワーケーションや通常の仕事をしながら取得しやすくし、平日昼間はワーケーションやリモートワークなどを活用し、平日夜に講義と実技を受講しながら、週末の土日を利用して集中的に講義と実技を受講することに加え、最終研修としてJリーグ試合を観戦まで楽しめ、さいたま市を中心に地域交流やさいたま市の魅力を再認識できるモニターツアー日程となっています。基本的に宿泊をしていただき指導者同士の交流や最終日の地域観光ツアーにも参加頂く事が条件となります。

参加費は無料です。興味のある方は応募要領をご確認いただき、イベント抽選申込フォームからご応募ください。

 

 

<参加募集要項>
【対象者】メディア・日本人向けモニターツアー(24名程度)
 ※現在サッカークラブ所属し指導されている方、されていない方も大歓迎。また、さいたま市内・市外在住などは問いません。
【開催日時】2021年10月20日(水)~24日(日)
【開催会場】埼玉スタジアム2〇〇2、ラフレさいたま ほか

【参加費】無料
【募集定員】最大24名
 ※先着順ではありません。定員を超える場合には抽選となります。
【申込締切】2021年9月26日(日)まで
【お問い合せ先】サッカーライセンス研修ツーリズムモニター募集事務局(さいたまスポーツコミッション内)
 TEL:048-762-8334 MAIL:support@saitamasc.jp

★募集要項:01_実施要項

★スケジュール:02_スケジュール

★参加抽選申込・お問合せはこちら(イベント抽選申込フォーム)

★事業概要:03_事業概要

★スポーツによるグローバルコンテンツ創出事業についてはこちら(スポーツ庁公式ホームページ)

主 催 日本コンベンションサービス株式会社

主 管 一般社団法人さいたまスポーツコミッション

協 力 (公財)埼玉県サッカー協会、浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ

【9/4(土)参加者募集】「CrickeTRY ANNEX」

Cricketryバナー

2021年に本市で開催されるクリケット体験イベントの第4弾「CrickeTRY ANNEX」が、9/4(土)に「大宮けんぽグラウンドSフィールド」で開催されます。

道具は簡易キットを主催者が用意しますので、お仲間とチーム作って参加も大歓迎ですし、お1人様やお2人様での参加でも構いません。

今回もミニゲームも開催予定!興味のある方はぜひご参加ください!!

イベント風景写真1

イベント風景写真2

日時:2021年9月4日(土)10:00~16:00
場所:大宮けんぽグラウンドSフィールド 野球場No44・45・46・47(クラブハウス所在地/さいたま市西区二ツ宮113-1)
参加費:1人1,000円(記念品付)
参加申込締切:8月25日(水)

★参加申込・お問合せはこちら(イベント公式ホームページ)

★大宮けんぽグラウンドSフィールドについてはこちら(公式ホームページ)

【7/10(土)参加者募集】「CrickeTRY ANNEX」

大会バナー画像

2021年に本市で開催されるクリケットイベントの第3弾「CrickeTRY ANNEX」が、7/10(土)に「大宮けんぽグラウンドSフィールド」で開催されます。

クリケットは、英国、オーストラリア、インド、南アフリカ、西インド諸島などの英連邦諸国を中心に大人気のスポーツで、世界の競技人口はサッカーに次いで第2位といわれるチーム対戦型球技です。

試合風景写真 試合会場写真

今回も6人1チームで試合を行う交流会です。
道具は簡易キットを主催者が用意しますので、お仲間とチーム作って参加も大歓迎ですし、1人・2人での参加でも構いません。
即席の6人のチームを作って参加いただけます。

今回はキッチンカーも出店します。
興味のある方はぜひご参加ください!

日時:2021年7月10日(土)9:00~16:00
場所:大宮けんぽグラウンドSフィールド 野球場No44・45・46・47(クラブハウス所在地/さいたま市西区二ツ宮113-1)
参加費:1人1,000円
参加申込締切:6月30日(水)

★参加申込・お問合せはこちら(イベント公式ホームページ)

★大宮けんぽグラウンドSフィールドについてはこちら(公式ホームページ)

【参加者募集】JFAなでしこひろばinスマイルプロジェクト2021♥

スマイルプロジェクト2021募集

当プロジェクトは、競技人口が減少する中学生年代の女子サッカーの支援として、すべての女子中学生が気軽にサッカー
を楽しむことができる場を増やしていくことを目的とした、さいたま市主催の女子サッカー活性化プロジェクトです。
なお、本イベントは、すべての女性にもっと気軽にサッカーを楽しんでもらう「JFAなでしこひろば」(日本サッカー協会)の認定を受けた合同練習会として開催します。

【参加者募集要項】

♥対象者
サッカーを楽しみたい女子中学生
※他の部活動やクラブチームに所属している方、市内・市外在住などは問いません。

♥開催日時
2021年4月から2022年3月の指定する日(全10回程度)

♥活動場所
八王子スポーツ施設、堀崎公園、NACK5スタジアム、浦和駒場スタジアムほか

♥活動内容
浦和レッズハートフルクラブ・大宮アルディージャ普及部コーチ等による講習会形式の練習会や試合など

♥参加費
1,000円/年間 保険料含む ※初参加時に集金いたします。

♥募集定員
50名程度随時募集中

♥詳細/申し込み
公式ホームページ(こちら

♥お問い合せ先
スマイルプロジェクト事務局(さいたまスポーツコミッション内)まで
TEL:048-762-8334 9:00 ~ 17:45 (土日祝休)
MAIL:smileproject@saitamasc.jp

スマイルプロジェクト2021募集

【3/20(土)、6/6(日)参加者募集】「CrickeTRY2021」

今年もクリケットの体験会&交流大会イベント「CrickeTRY2021」が、3/20(土)と6/6(日)に「大宮けんぽグラウンドSフィールド」で開催されます。

クリケットは、英国、オーストラリア、インド、南アフリカ、西インド諸島などの英連邦諸国を中心に大人気のスポーツで、世界の競技人口はサッカーに次いで第2位といわれるチーム対戦型球技です。

CrickeTry2021写真1

楕円形のフィールドの中で、クリケットバットとボールを使って、各チームが交互に攻撃と守備を行い、得点数の優劣に基づいて勝敗を競います。

興味のある方はぜひご参加ください!

グループでもお一人様でも大歓迎です!!

CrickeTry2021写真2 CrickeTry2021写真3 CrickeTry2021写真4

■体験会
  • 日時:2021年3月20日(土)12:00~16:00
  • 場所:大宮けんぽグラウンドSフィールド 野球場No44・45・46・47(クラブハウス所在地/さいたま市西区二ツ宮113-1)
  • 参加費:1人1,000円(記念品付)
  • 参加申込締切:3月16日(火)
■交流大会
  • 日時:2021年6月6日(日)9:00~16:00
  • 場所:大宮けんぽグラウンドSフィールド 野球場No44・45・46・47(クラブハウス所在地/さいたま市西区二ツ宮113-1)
  • 参加費:1人1,500円(記念品付)
  • 参加申込締切:5月31日(月)
■主催

CrickeTRY実行委員会

 

★参加申込・お問合せはこちら(イベント公式ホームページ)

★大宮けんぽグラウンドSフィールドについてはこちら(公式ホームページ)

 

さいたまクリテリウム 前日イベント開催!


大会前日となる10月26日(土)、メインステージ(さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ内)にて、出場選手達が登場する大会前日イベントを開催いたします。本イベントは一般公開し、多くの皆様に、豪華選手達が登壇するイベントをお楽しみいただきます。

ツール・ド・フランス2020のルートを紹介する「ツール・ド・フランス2020ルートプレゼンテーション」、さいたまクリテリウム出場選手を紹介する「チームプレゼンテーション」、海外招聘選手達が日本文化やスポーツを体験する「さいたま市内交流会」を実施。「さいたま市内交流会」では海外招聘選手達が埼玉栄高等学校空手道部、さいたま市空手道連盟と一緒に空手を体験するほか、地元プロサッカークラブの浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャと一緒にサッカーと自転車で対決します

また、同日開催イベントとして、自転車関連商品の販売、安全教室等で楽しめる「2019サイクルフェスタ」、フランスとさいたまの食が楽しめる「2019さいたまるしぇ in さいたまクリテリウム」も開催し、イベントを盛り上げます。
観覧無料でどなたでもお越しいただけるイベントですので、ぜひ会場にお越しください。

※入場待機列の整列は12:15~となります。整列前はお並びいただけませんのでご注意ください。なお、待機列は、さいたまスーパーアリーナ Cゲート前となります。
※開場からイベント開始前までのご入場は、さいたまスーパーアリーナ Cゲートのみとなります。その他のゲートからのご入場はできません。

大会イベント情報の詳細はこちら

エガン・ベルナル選手を筆頭に豪華選手の出場が決定!~総勢71 名がさいたまに集結~

選手決定
「J:COM presents 2019 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」( 10 月27 日(日)、さいたま新都心駅周辺にて開催)の出場選手が決定しました。

今年は、ツール・ド・フランスで初の個人総合優勝と新人賞に輝いたエガン・ベルナル選手(チーム イネオス)を筆頭に、山岳賞を獲得したロメン・バルデ選手(アージェードゥゼール ラ・モンディアル)、リオデジャネイロ五輪のロードレースで銀メダルを獲得したヤコブ・フグルサング選手(アスタナ プロチーム)、昨年のさいたまクリテリウムで優勝を果たした、2018 年世界チャンピオンのアレハンドロ・バルベルデ選手(モヴィスター チーム)、昨年のヨーロッパチャンピオンであり、今年もツール・ド・フランスでステージ優勝したマッテオ・トレンティン選手(ミッチェルトン・スコット)、ツール・ド・フランスでステージ優勝の経験もあるリリアン・カルメジャーヌ選手(トタルディレクトエネルジー)など豪華メンバーがさいたまに集結します。

また、国内参加選手として、全日本選手権ロードレースで優勝した入部正太朗選手(シマノレーシング)をはじめ国内トップクラスの選手が出場します。
その他、女子、男子ジュニア、パラサイクリング、そして予選会を勝ち上がったアマチュア選手など幅広いカテゴリーの選手達が一堂に会し、大会を盛り上げます。

海外招聘選手は6 チーム25 名、国内参加選手は7 チーム27 名、女子選手・男子ジュニア選手は7 名、パラサイクリング選手は7 組8 名、アマチュア選手4 名、総勢71 名の出場となります。

出場選手の詳細はこちら

【第1回】中学生年代女子サッカー合同練習会「スマイルプロジェクト」を開催します!

令和元年7月27日(土曜日)、「スマイルプロジェクト」初の合同練習会を開催します!
第1回の合同練習会では「浦和レッドダイヤモンズ ハートフルクラブ」のコーチが指導します!
サッカーに興味のある女子中学生のみなさんの参加をお待ちしております。

1.開催日時
令和元年7月27日(土曜日) 16時から18時まで

2.開催場所
レッズランド 人工芝サッカー場 【A2】(さいたま市桜区下大久保1771)

3.定員
80名程度(状況により変更する場合もございます)
※ 定員を超えた場合には抽選を行います。万が一、抽選に漏れてしまった場合にはメールにて
お知せいたします。

4.活動詳細
1.開催日時 : 令和元年7月27日(土曜日)16時から18時まで
2.集合時間 : 15時50分にレッズランド人工芝サッカー場【A2】に集合
3.練習会場 : レッズランド 人工芝サッカー場【A2】
4.参加対象 : 中学生年代の女子生徒
5.交通手段 : 原則、徒歩及び公共交通機関(電車・バス)をご利用ください。
6.活動内容 : 講習会形式の練習会、交流試合
7.持ち物  : サッカーができる服装(練習着または学校の体育着)、タオル、
トレーニングシューズ、サッカーボール、飲み物
8.申込方法 : 下記チラシのQRコードを読み取り、申込みをしてください。
9.申込締切 : 令和元年7月19日(金曜日)17時まで

スマプロチラシ(第1回募集用)

5.注意事項
1.交通手段について
保護者の責任のもと、車での送迎は可と致しますが、自動車での事故等については、一切責任を負いません。なお、交通費は自己負担となります。
※「レッズランド」にて活動を行う場合には、無料シャトルバスが運行しております。詳細はレッズランドのHPを確認してください。

 2.保険について
合同練習会の活動中の事故・ケガ等については、「全国市長会損害保険」の範囲内での補償となります。万が一、補償外の理由でケガ等を負ってしまった場合には責任を負いません。

 3.ウェラブルデバイスの活用について(さいたまスポーツシューレ事業)
今回の合同練習会において、中学生年代の女子生徒における競技力の向上及び健康保持を目的として、ICTを活用した取組を実施いたします。その際に、心拍数や位置情報等の運動データを取得するウェアラブルデバイスを着用していただく場合がございます。なお、ウェアラブルデバイスが身体に影響を与えることはなく、普段通りにサッカーに取り組んでいただくことができますので、ご安心ください。

【主催】さいたま市 【主管】さいたまスポーツコミッション、さいたま市サッカー協会
【協力】浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、NTTデータ経営研究所、NTTコムウェア

第7回スポーツツーリズム・コンベンションinさいたまを開催します!

一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構並びにスポーツツーリズムを推進する自治体等が共催し、毎年3月に全国各地で開催されている「スポーツツーリズム・コン ベンション」を、本市で開催します。
スポーツツーリズム推進に関連する企業、自治体、団体等、最前線で携わる方々を講師としてお招きし、講演やパネルディスカッションなどスポーツツーリズムの今が分かる貴重な機会となりますので、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

チラシ写真

 

●日程
2019年3月19日(火)・20日(水)

●場所
ソニックシティ市民ホール(さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル4階)

●参加費
無料(懇親会参加費5,000円)

●主催
一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)/さいたま市/一般社団法人さいたまスポーツコミッション(SSC)/公益社団法人さいたま観光国際協会(STIB)

●後援
観光庁/スポーツ庁

●プログラム内容及び参加申込
詳しくはこちら(JSTA公式WEBサイト)

★19日(火)の司会は、女性芸能人最速ランナーの称号を持つ福島和可菜さんです!

Asia-Oceania Korfball Championship 2018が開催されました!

2018年7月29日(日)から8月5日(日)まで、サイデン化学アリーナ(記念総合体育館)において、アジア・オセアニア地区コーフボールチャンピオンシップが開催されました。

日本戦の写真1

コーフボールは、1902年、少年と少女が混合で楽しめる屋外スポーツとしてバスケットボールのルールを基に考案されたオランダ生まれのニュースポーツです。「コーフ(Korf)」はオランダ語で、「バスケット(籠)」を意味します。現在はヨーロッパを中心に世界約70か国で普及しています。

コーフボールの大きな特徴は男女混合(1チーム男女各4人の計8人)で行う点です。バスケットボールに似ていますが、ドリブル禁止のためパス中心のゲーム展開になります。ゴールの周り360度どこからでもシュートが打てるので、スペースの使い方がポイントになります。

開会式の写真

日本戦の写真2

閉会式の写真

本大会は4年に一度開催され、10回目となるこの日本大会は海外から9か国が日本に集結し、2019年に南アフリカで開催される世界選手権の出場権をかけて熱戦が繰り広げられました。

1位は世界ランキング2位の台湾チーム、2位は中国チーム。日本チームは5位で2019年世界選手権の出場権を手に入れました!

参加各国の最終成績など詳しくはこちら(大会公式サイト)

「第1回全国盲学校フロアバレーボール大会」が開催されました!

平成29年8月23日(水)〜25日(金)の3日間さいたま市記念総合体育館において、「第1回全国盲学校フロアバレーボール大会」が全国8ブロックの予選会を勝ち抜いた代表校に主管校を加えた9校が参加し開催されました。

開会式
開会式

フロアバレーボールは視覚に障害のある人が楽しめるよう、6人制のバレーボールを元に考案された視覚障害者スポーツで、床上30センチの高さに張られたネットの下で転がるボールを3回で相手のコートに返して得点を競う。試合はボールが転がる音やチームメイトの指示を頼りに、ボールのスピードや位置を判断して動き、前衛がネットの下で主に「ブロック」を担当し、後衛が「スパイク」で得点を狙う。

試合の様子
試合の様子

決勝戦では激しいラリーでの熱戦が繰り広げられ、記念すべき第1回大会は主管校の県立特別支援学校塙保己一学園(県立盲学校)が優勝を果たしました。

優勝:埼玉県立特別支援学校塙保己一学園
優勝:埼玉県立特別支援学校塙保己一学園

■大会結果
優勝:埼玉県立特別支援学校塙保己一学園(大会主管校)
準優勝:大阪府立大阪北視覚支援学校(近畿地区の代表)
第3位:茨城県立盲学校(関東地区の代表)

詳しくはこちら(全国盲学校フロアバレーボール大会オフィシャルサイト)

「第10回GasOneカップ学童軟式野球選手権大会」及び「第5回EneOneカップ学童軟式野球選手権大会」が開催されました!

8月12日(土)〜14日(月)の3日間に渡り、野球を通じてスポーツの楽しさや各都県及びさいたま市民の交流を深めることを目的とした大会「第10回GasOneカップ学童軟式野球選手権大会」及び「第5回EneOneカップ学童軟式野球選手権大会」がさいたま市内の野球場で開催されました。開会式は、8月月12日(土)8時30分から埼玉県営大宮公園野球場にて、天気の影響で急遽スタンドへ移して行われ、関東地区各都県代表(合計32チーム)が集まりました。

開会式の様子

 

「第10回GasOneカップ学童軟式野球選手権大会」

今年は、埼玉県代表同士での決勝戦となり、熱い接戦を繰り広げた結果、「浦和クラブジュニア」が優勝。

閉会式の様子

「第5回EneOneカップ学童軟式野球選手権大会」

GasOneカップ同様、こちらのEneOneカップも、神奈川県代表同士での決勝戦となり、接戦を繰り広げ、最後は大逆転のうえ、「神奈川リリーズ」が優勝。

閉会式の様子

 

※結果は こちら(埼玉県野球連盟ホームページ)

「第27回全日本ドッジボール選手権全国大会」が開催されました!

平成29年8月13日(日)さいたま市記念総合体育館において、「第27回全日本ドッジボール選手権全国大会」が開催されました。

第27回全日本ドッジボール選手権全国大会の写真02

全国から小学生48チーム約1,000名が集まり、予選リーグから決勝トーナメントまで、全コートで白熱した試合が繰り広げられました。

第27回全日本ドッジボール選手権全国大会の写真01

■大会結果
優勝:6ネンズ98(岐阜県)
準優勝:ガッツクラブ(兵庫県)
第三位:南輝ドッジボールクラブ(岡山県)、SG Special(栃木県)

☆詳しくはこちら(日本ドッジボール協会公式サイト)

全日本9人制バレーボール実業団選手権大会が開催されました!

「第70回全日本9人制バレーボール実業団男子選手権大会」並びに「第69回全日本9人制バレーボール実業団女子選手権大会」が、平成29年7月21日から24日までさいたま市記念総合体育館など埼玉県内の4体育館で開催されました。

今回、初の男女同時開催として、男子56チーム、女子16チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。

全日本9人制バレーボール実業団男子選手権大会決勝の写真
男子優勝は、2年ぶり9回目の中部徳州会病院(沖縄県)

全日本9人制バレーボール実業団女子選手権大会決勝の写真
女子優勝は、2年ぶり5回目のパナソニックESブルーベンズ(大阪府)

第70回全日本実業団男子選手権大会の結果はこちら(PDF・日本実業団バレーボール連盟公式WEBサイト)
第69回全日本実業団女子選手権大会ぼ結果はこちら(PDF・日本実業団バレーボール連盟公式WEBサイト)

SPRTEC2017に出展しました!

さいたまスポーツコミッション(SSC)は、平成29年7月25日(火)から27日(木)まで、東京ビックサイトにて開催された日本最大のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC(スポルテック)2017」にブース出展しました。

SPORTEC2017の写真1

今回も「SPORTEC2017」には、日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)が共催する「第4回スポーツイベントEXPO」が併催され、スポーツイベン トに関わる企業・団体が出展。SSCも他のJSTA会員団体等とともにPRを行いました。

SPORTEC2017の写真2

SPORTEC2017来場者数
7月25日(火)16,506名
7月26日(水)17,123名
7月27日(木)17,343名
3日間合計:50,972名

SPORTECについて詳しくはこちら(公式WEBサイト)

「平成29年度第22回全日本学生セパタクローオープン選手権大会」が開催されました!

平成29年5月27日(土)・28日(日)に、浦和駒場体育館において、「第22回全日本学生セパタクローオープン選手権大会」が開催されました。

大会名横断幕を後ろに、試合中の様子の写真です。

全国から約200名の学生選手が集まり、「空中の格闘技」らしいアクロバティックなプレーが随所に観られる熱戦を繰り広げました。

試合の様子

試合結果は以下の通りです…

<男子>

Division1                  Division2

優 勝:亜細亜大学A             優 勝:東北大学A

準優勝:TAK-TAK A              準優勝:東京大学A

第3位:日本体育大学A

第3位:ラポラA

Division3

優 勝:函館D

準優勝:亜細亜大学E

<女子>

Division1                  Division2

優 勝:東京工業大学A            優 勝:日本体育大学D

準優勝:日本体育大学C            準優勝:ラポラ

第3位:日本体育大学A

第3位:函館A

詳しい試合結果はこちら(日本学生セパタクロー連盟 Facebook公式ページ)

女子試合の様子

試合時、ボールを蹴る瞬間の様子

2017日本ランキングサーキット大会が開催されました!

平成29年5月27日土曜日〜31日水曜日の5日間、さいたま市記念総合体育館において「2017日本ランキングサーキット大会」が開催されました。

初日全体写真
初日全体写真

この大会は日本を代表する選手約250名が参加しトーナメント戦で順位を決定するバトミントンの大会。桃田賢斗(22=NTT東日本)が違法賭博問題による無期限の試合出場停止処分の解除を受け、処分後初めての大会に出場し接戦を制し優勝を果たした。

男子シングルス決勝
男子シングルス決勝

【優勝】
男子単:桃田 賢斗(NTT東日本)
女子単:仁平 菜月(トナミ運輸)
男子複:古賀 輝/齋藤 太一(NTT東日本)
女子複:永原 和可那/松本麻佑(北都銀行)
混合複:金子 祐樹(日本ユニシス)/中西貴映(早稲田大学)

大会速報はこちら(日本バトミントン協会連盟公式サイト)

「クロスミントン」JAPAN SPRING OPEN 2017が開催されました!

平成29年4月8日(土)、9日(日)の2日間、「クロスミントン」JAPAN SPRING OPEN 2017が、浦和駒場体育館にて開催されました。

試合の様子1

1日目にシングルス、2日目にダブルスを、全部で9部門に分かれて試合を行い、熱戦を繰り広げました。

試合の様子2

 

今大会の試合結果についてはこちら(日本クロスミントン協会Facebook)

 

「第7回関東カップ車椅子バスケットボール大会」が開催されました!

平成29年4月8日(土)、9日(日)、車椅子バスケットボール大会「第7回関東CUP」が、さいたま市記念総合体育館で開催されました。

今大会は、全国から強豪チームに所属している日本代表選手及び代表候補選手が多数出場するハイレベルな大会となっており、今回は台湾高雄市からのゲストチーム「巨人輪椅籃球隊」を含め男子12チーム、女子4チームが参加し、熱戦を繰り広げました。

台湾チームとの試合の様子

今大会は、男子は『NO EXCUSE』が初優勝を果たし、女子は『カクテル』が優勝し、7連覇達成という結果となりました。

試合の様子1

試合の様子2

 

今大会の詳細結果はこちら(大会HP)

 

 

第23回ジャパンカップビーチボール選手権埼玉大会が開催されました!

平成29年3月11日(土)・12日(日)さいたま市記念総合体育館、浦和西体育館において、「第23回ジャパンカップビーチボール選手権埼玉大会」が開催されました。

続きを読む 第23回ジャパンカップビーチボール選手権埼玉大会が開催されました!

2016/17V・チャレンジリーグ女子1さいたま大会が開催されました。

平成29年1月21日(土)・22日(日)、さいたま市記念総合体育館において「2016/17V・チャレンジリーグ女子Ⅰさいたま大会」が開催されました。

上尾対仙台の試合写真

ホームの「上尾メディックス」は、連勝で今シーズン通算14勝1敗レギュラーラウンド2位につけています。
残り試合数を勘案するとチャレンジマッチ進出は決定的と言えますが、今後もプレミア奪還目指しての健闘に期待しましょう!

<試合結果>
1月21日(土)
第1試合:仙台ベルフィーユ 3-0 KUROBEアクアフェアリーズ
第2試合:上尾メディックス 3-1 JAぎふリオネーラ
1月22日(日)
第1試合: JAぎふリオネーラ 3-2 KUROBEアクアフェアリーズ
第2試合:上尾メディックス 3-0 仙台ベルフィーユ

上尾メディックス公式サイトはこちら

「第65回全日本大学サッカー選手権大会」準決勝、決勝が開催されました!

「平成28年度 第65回全日本大学サッカー選手権大会」の準決勝および決勝が、12月15日(木)、18日(日)に、NACK5スタジアム大宮、浦和駒場スタジアムにおいて開催されました。本大会は、全国各地域の大学サッカーリーグの上位24チームが競う大会で、Jリーグ内定者も数多く出場するハイレベルな大会です。学生生活最後のサッカーでもあり、熱い戦いが繰り広げられました。

インカレ2

準決勝(NACK5スタジアム大宮)では、昨年の同大会準優勝である阪南大学(関西1位) と13年ぶりの優勝を目指す筑波大学(関東2位)との試合が行われました。奇しくも、13年前の筑波大優勝時の準決勝の相手も阪南大。結果は3-0で筑波大学が勝利しました。

決勝(浦和駒場スタジアム)は、日本体育大学(関東3位) 対 筑波大学(関東2位)という、昨年関東リーグ2部から1部に昇格してきた勢いのあるチーム同士の対決。
前半途中まではお互いが攻め合い、均衡していましたが、28分に筑波大が先取点を取ると、怒濤のゴールラッシュ。8-0という大差で筑波大が勝利し、13年ぶりの優勝を飾りました。

詳しくは大会公式サイト

インカレ1 インカレ3 インカレ4

さいたまスポーツコミッション設立5周年記念シンポジウムを開催します!

2016年10月、さいたまスポーツコミッション(SSC)は設立5周年を迎えます。
これを記念して、2016年10月31日(月)、ソニックシティ国際会議室において「地域スポーツコミッションのこれからを考える」をテーマにシンポジウムを開催いたします。

シンポジウムチラシ画像

SSCは、スポーツイベントを誘致・開催することで観光や交流人口の拡大を図り、スポーツの振興と地域経済の活性化を図ることを目的に2011年10月に設立いたしました。
以後、2016年3月までに157件のスポーツイベントを誘致及び開催支援を行うとともに、世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント『ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム』を誘致・主催(現在は共催)するなどの実績を重ねて参りました。
そして設立5年という節目を迎え、今後の活動を鑑みるため、SSCと連携協定を締結しているロッテルダムトップスポーツ(オランダ王国)ディレクター:ハンス・デン・オーデンダマー氏による基調講演と、SSC設立にも参画いただいた原田宗彦JSTA会長(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)をコーディネーターに、スポーツ競技団体から銭谷欽治日本バドミントン協会専務理事、国の立場からスポーツ庁の仙台光仁参事官(地域振興担当)、プロ野球や世界陸上などスポーツイベントの取材経験も抱負なアナウンサーの中井美穂氏さんらをパネリストに迎えたパネルディスカッションを開催します。
ご興味のある方はぜひご参加ください!!

■主催
さいたまスポーツコミッション(SSC)、公益社団法人さいたま観光国際協会(STIB)

■共催
一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)

■後援
スポーツ庁埼玉県さいたま市

■開催日時
2016年10月31日(月)15時〜17時(受付開始14時30分〜)

■開催場所
ソニックシティ国際会議室(ホール棟4F)埼玉県さいたま市大宮区桜木町1−7−5

■定員
180名(申込先着順)

■参加費
無料

■プログラム
1開会

2挨拶

3基調講演
テーマ:欧州先進スポーツコミッションの事例紹介
・ ロッテルダムトップスポーツ(RTS)の事業内容について
・ オランダ王国とロッテルダム市のビックイベント誘致に向けた取り組みについて
・ RTSのビックイベント経済効果測定方法について
・ ロッテルダム市のスポーツ政策について
講師
オーデンダマー氏写真
Rotterdam Topsport(ロッテルダムトップスポーツ)ディレクター
Hans den Oudendammer(ハンス・デン・オーデンダマー)氏
※基調講演時、英語→日本語の同時通訳サービスをご提供いたします。

4パネルディスカッション
テーマ:地域スポーツコミッションのこれからを考える
コーディネーター
原田宗彦氏写真
・JSTA会長 原田宗彦氏(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)

パネリスト
銭谷欽治氏写真
・公益財団法人日本バドミントン協会専務理事 銭谷欽治氏

パネリスト
仙台光仁氏写真
・スポーツ庁参事官 仙台光仁氏

パネリスト
中井美穂氏写真(c)Tetsuo Koike
・フリーアナウンサー 中井美穂氏

パネリスト
清水勇人写真
・SSC会長 清水勇人(さいたま市長)

5閉会

※出演者及び内容は予告なく変更となる可能性がございます。

■申込方法
(1)SSCウェブサイト申込フォーム
受付終了しました。
(2)告知チラシ申込書によるFAX送信
告知チラシPDFはこちら(約2MB)

■お問い合わせ
公益社団法人さいたま観光国際協会スポーツコミッション事業担当
TEL048-647-8338(9時〜17時45分・土日祝休)

「第26回全日本ドッジボール選手権全国大会」が開催されました!

平成28年8月14日(日)に、さいたま市記念総合体育館において、「第26回全日本ドッジボール選手権全国大会」が開催されました。

ドッジボール1

本大会は、全国各都道府県の予選を勝ち抜いた小学生48チーム約1,000名が集まり、全国の小学生ドッジボールチームの頂点を目指して競う、競技ドッジボール最大規模の大会です。また、台湾から女子小学生チームが来日し、交流試合も行われました。

ドッジボール2

ドッジボール3

4チームごとの予選グループから上位2チームが決勝トーナメントに進出し、白熱した試合が繰り広げられました。決勝戦は愛知県のMETS萩原 vs 地元埼玉県の月越ストームで、奇しくも同じ予選グループ同士の対決となりました。予選では引き分けており、決勝戦も実力伯仲の好ゲームでした。決勝戦は3セットマッチで行われ、2−1でMETS萩原が勝利しました。

■結果
優 勝 METS萩原(愛知県)
準優勝 月越ストーム(埼玉県)
3 位 Vegaes源氏前(東京都)
    ANGELS(愛知県)

※大会について詳しくはこちら(日本ドッジボール協会公式サイト)

「第87回都市対抗野球南関東大会」が開催されました!

平成28年6月1日(水)〜6日(日)の6日間、埼玉県営大宮公園野球場において、「第87回都市対抗野球南関東大会(主催:日本野球関東地区連盟・毎日新聞社)」が開催されました。
本大会は、 7月15日(金)~12日間、東京ドームで行なわれる本大会への南関東域の予選大会であり、本大会進出の3枠をかけ第1次予選を勝ち抜いた埼玉県勢3チーム、千葉県勢3チームの計6チームが激突しました。
開催期間中は天候に恵まれ、代表権をかけた特有の空気感の中、選手・応援団は手に汗握る白熱した戦いが繰り広げられました。

最終日:第3代表決定
最終日:第3代表決定

■代表決定

都市 チーム名 出場回数
さいたま市 日本通運 2年連続41回目
君津市 新日鐵住金かずさマジック 2年ぶり11回目
千葉市 JFE東日本 2年ぶり22回目

閉会式
閉会式:南関東代表チーム

■本大会の詳細結果はこちら(公益財団法人日本野球連盟サイト)
■都市対抗野球についてはこちら公益財団法人日本野球連盟サイト)

関東大学サッカーリーグ戦 第10節 「早稲田大学 vs 明治大学」が開催されました!

平成28年6月5日(日)に、さいたま市浦和駒場スタジアムにおいて、「JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦 第10節」早稲田大学 vs 明治大学の試合が開催されました。

関東大学サッカーリーグ

当日は天気にも恵まれ、両チームの応援団の声援が飛び交う中、試合が行われました。昨年、リーグ優勝した早稲田大学(第9節終了時点、首位と勝ち点差6の7位)と、昨年準優勝で現在首位を走る明治大学との対戦ということもあり、気迫のこもった熱戦となりました。結果は後半に決勝点を奪った明治大学が0-1で勝利し、リーグ首位をキープしました。

関東大学サッカーリーグ1

■結果

早稲田大学 0 – 1 明治大学

■詳しい結果はこちら(関東大学サッカーリーグ公式サイト)

 

「第21回全日本学生セパタクローオープン選手権大会」が開催されました!

平成28年5月28日(土)、29日(日)に、浦和駒場体育館において、第21回全日本学生セパタクローオープン選手権大会が開催されました。

セパタクロー1

全国から約250名の男女大学生が集まり、初日は予選リーグ、二日目は決勝トーナメントが行われました。アクロバティックなプレーが随所に見られ、「空中の格闘技」らしく、熱戦が繰り広げられました。

■結果
<男子>
優勝  日本体育大学A
準優勝 千葉大学A
3位  TAK-TAK A
3位  函館セパタクロークラブA

<女子>
優勝  日本体育大学A
準優勝 日本体育大学B
3位  亜細亜大学A
3位  函館セパタクロークラブA

■詳しい結果はこちら(日本学生セパタクロー連盟 Facebook公式ページ)

セパタクロー2

セパタクロー3

 

2016日本ランキングサーキット大会が開催されました!

平成28年5月21日土曜日〜25日水曜日の5日間、さいたま市記念総合体育館において「2016日本ランキングサーキット大会」が開催されました。

会場写真

この大会は日本を代表する選手約250名がトーナメント戦で順位を決定するバトミントンの大会。日本ランキング男女上位1位から32位(シングルス・ダブルス・混合)が決定されました。

【優勝】
男子単:五十嵐 優(中央大学)
女子単:峰 歩美(再春館製薬所)
男子複:渡辺 勇大(日本ユニシス)/三橋 健也(日本大学)
女子複:櫻本 絢子/高畑 祐紀子(ヨネックス)
混合複:渡辺 勇大/東野 有紗(日本ユニシス)

大会速報はこちら(日本バトミントン協会連盟公式サイト)

【お知らせ】
次大会(2017年日本ランキングサーキット大会)は、2017年5月27日〜31日に「さいたま市記念総合体育館」で開催の予定です。